座り心地の良い高速バス

風景写真1

近頃の高速バスは、シートの座り心地がとても良くなっています。
バスの車内には、普通の街中を走っているバスに比べると、シートの数が少なく、シート間の間隔が広くなっています。
シート間の間隔が広いので通路も広くなり、乗車中にトイレに行く時なんかでも、気を使わないでいつでも行く事ができます。
シートは、人間の体を包み込むような設計になっていて、普通のバスに比べると少し大きなシートになっています。
シートの足元はとても広くて、付属のフットレストを利用すれば、足を伸ばしてリラックスする事が可能になります。
アームレストやヘッドレストも付いているので、シートに座っていて疲れにくいようになっています。
また、隣のシートともカーテンで仕切る事ができるようになっているので、カーテンを閉めてプライベートな事も自由にできます。シートに付属のリクライニング機能を利用すれば、シートを一杯に倒す事ができて、シートに座りながら居眠りをする事もできるようになっています。座り心地が良いシートなんで、沢山の人が高速バスを利用するようになってきています。

管理人お薦めの夜行バス予約サイトはこちら!