ベテラン運転手の高速バス

風景写真1

近年、高速バス運転手の不注意による事故が増えており、長距離バス愛用者の不安を増大させています。基本的に乗客がバスの運転手を指定する事は不可能なのですが、やはり長距離バスの運転術に長けたベテラン運転手の運転するバスには信頼感と安心感が伴うのものです。

ベテラン運転手は多少スケジュールが遅くなったとしても無理した運転は絶対にしません。特に最近のバスは2階建ての構造が多く、トップヘビーであるが故に急ハンドルを始めとした急な操作に脆弱だと言われています。ベテラン運転手はそれを十分承知の上で運転するので、車体の挙動自体に無理が無く、乗客もストレスを感じる事無くバスの旅を楽しめるといったメリットもあるのです。

また現在では多くの長距離バスにおいて運転手の2交代制度を取り入れており、各運転手の疲労やストレスも減ってかなり安全にはなってきています。とは言え運転手にとって長時間休憩なしの長距離運転はかなりの負担になっている筈です。もし気になる様なら休憩時間中に運転手にちょっとした差し入れをしてあげるのも、安全に目的地に着く為の良いアイデアです。

そうだ!旅行前にバイトしよう!